自然と暮らしとものづくり

福島県奥会津三島町2017年度第1期生活工芸アカデミーの日々を綴ります

極寒のユートピア

東日本大震災から7年目の3月11日を、福島県で迎えました。 なんだか不思議なご縁です。 震災を含め2011年に重なった事件?をきっかけに、 それまでの世界(自分?)から大きく動き出すことになり、 歩み続けた結果として、今この奥会津三島町にいるのです。 …

高清水の伝統行事

膨らみ始めた桜の蕾を発見♪ 雪国にも、確実に春が近づいております^^ ダウンコートを脱ぎたくなるような春日和の本日、 高清水集落で昔むかーしから続く伝統行事を見学に行ってきました。 ひな祭りを終えた3月4日、無病息災を願い、 手作りの紙雛を川に流…

「待つ」ことの楽しみ

Waiting 苦手かも・・・ 猫アレルギーな私 確定申告の時期ですね。 三島町は個人申告が多いので、役場の担当部署の方が期間中に各集落を回り、 相談にのりながらe-Tax申請のお手伝いをしてくださいます。 それが、なんとも、たいへん、、、効率が悪いのです…

逃げる2月

まだまだ深い雪の中の三島町、浅岐ですが、 陽射しに春の気配が含まれるようになりました。 天気が良い日は雪の結晶がキラキラキラキラ、目が明けられないほど 一面が真っ白に輝いております。 何かのご縁でブログに訪れてくださいましたみなさま、ありがと…

金山町のものづくり

三島町、金山町、昭和村、柳津町、只見町、檜枝岐村、南会津町 7町村で奥会津。 そう言えば、昨年末にお隣昭和村のからむし織が伝統工芸品指定となりました。 奥会津編み組細工で伝統工芸品に指定されているのは、三島町で作られたものに 限定されますが、他…

三島町の立春

鬼は外~ 福は内~ ゑびす大黒豆あがれ~~ お隣さんと節分をご一緒させていただきました♪ 邪気除けとして、柊にイワシの頭を挿したものを飾ると記憶していましたが、 どうやらここら辺では「たつくり」という干した小魚を大豆の枝の間に挟んだ ものを家のあ…

桐のカリンバ作り

地平線へと沈んでいく真っ赤な大きな太陽 遠くに群れをなして悠然と行き交う象やキリンの姿 じりじりと肌を焼く陽射しと頬を過る乾いた熱風 目を閉じて耳を傾けると、まるでここは広大に続くアフリカのサバンナ・・・ そんなはずはなく、22日の夜から降って…

木ざる作り

雪がどんどんどんどん深くなる中、年明けから毎週土日 生活工芸館にてものづくり教室がスタートしています。 みてくださいこの靴の数。 県外はもちろん、遠い方だと関西から来られている方もいました。 この編み組細工の聖地に、前が見えないくらい吹雪く中…

小正月行事

東京でも雪が降ったようですね。 ふっ・・・あれくらいの雪であんなに大げさに慌てるなんてね。 と、ここら辺の人はTVを観て鼻で笑っちゃっていたりするのですよ(笑) 自分もそんな一員になりかけたこの頃。 今年最強の寒波(2018年になってから何度か聞い…

三島町お正月料理

先日そば打ちでお世話になった大好きな森の校舎カタクリ にてお正月郷土料理の体験をさせていただきました。 メニューはこちら。 三島町はかつて只見川を境に川の両端は違う村でした。 そのため、小さな三島町内でも、郷土料理と言っても集落ごとに ちょっと…

サイノカミ

1月15日小正月。 三島町では国指定重要無形民俗文化財に指定されている「サイノカミ」 という伝統行事が、各集落で行われます。 名入サイノカミ 五穀豊穣、無病息災などを祈願して、集落ごとに御神木飾りを作り、 お正月飾り等と一緒に燃やします。 お正月に…

編み組いろいろ

アカデミーでは、奥会津編み組細工の伝統工芸品を中心に基礎を習っています。 昨年から、お休みの日や気晴らしに、ちょっと脱線して、 編み組細工技術を応用して色々と小物作りに挑戦したりしたので ご紹介してみます♪ アカソをベースに、下からからむし、葛…

卒業制作に向けて

2017年に山ぶどう、マタタビ、ヒロロと一通り編み組細工の 基本的な作り方を習い、1月以降3月末の終了までは アカデミー生それぞれが自由に卒業制作に取り掛かります。 基本的な作り方・・・大丈夫かしら・・・(笑) 冬休みに、そのアイデアを探しに、そも…

ガラパゴスの楽園

松の内も過ぎ、鏡開きも過ぎ、小正月が近づいております。 今頃ですが、新年あけましておめでとうございます。 学生以来の長ーーーい冬休みをいただき、ブログの更新をだいぶ怠けて ご無沙汰になっておりました。 昨年の目標「脱力」が年を越してもひきずっ…

かんじき作り

三島町で、浅岐での暮らしの必需品「かんじき」を作りました。 かんじき、知ってますか? 積もった雪を歩く際、足が埋もれないように体重分散したり滑らないように、 長靴に付ける円形の道具です。 スノーシューの昔から使われていたバージョンみたいなもの…

ジョセササイズ

<三島町辞典>より引用 ジョセササイズ:「除雪」+「エクササイズ」の造語。 冬季豪雪地域での生活において習慣となる、全身有酸素運動。 雪が、止まらない。 今朝ももっさもっさもっさもっさ降り続いております。 先日の寒波では、一晩で50㎝~1mとか積も…

小島で、トムソーヤ

離れ小島を開拓しよう!! これ、なんだか、ウキウキワクワクしませんか? 三島町早戸集落脇を流れる只見川の途中に、夢が詰まった小島があります。 この島で、何か楽しいことを企もうではないか♪ と、会津若松市、喜多方市、三島町が協同で開催しております…

刃物を研ぐ

先日のそば笊に続き、米研ぎ笊、四ツ目笊を作りました。 うーーーん、私の笊はなんだかどうしても、柔らかい丸みが足りない気がする… 尖った自分がいるのは自覚しているけど、こうして作品で目の当たりにするのも どうも、つらい(笑) 焦らず急かさず、緩や…

蕎麦打ち@森の校舎カタクリ

三島町内には、なぜかそばを打てる人がたくさんいます。 一家に一セットはそば打ちグッズが揃っているのではないかと思うほど、 そばを日常的に自分で打って楽しんでいる人が多いです。 そんな三島に住んでいるならば、そばを打てずにはいられません。 第2・…

しめ縄作り

師走です。 若葉がキラキラした頃に三島町で始まった生活も あっという間に7か月が過ぎ、新しい年を迎える時期が近づいているのですね。 ということで、お正月に向けたしめ縄作りに参加してきました。 しめ縄の素材って一般的には稲藁が多いようです。 神事…

ものづくりへの誘い

三島町では雪が降り始めました。 朝起きたら外はうっすら白化粧。 いよいよ三島町本番、ものづくり本番の豪雪期の足音を感じて ワクワクが高まります♪ 何かのご縁でこのブログをご訪問くださった方へ、 編み組細工の聖地三島町で、たくさんの工人さんと交流…

伝統文化への潜在意識

デザイン講座に続き、会津大学短期大学の森文雄教授による マーケティング講座を受講させていただきました。 三島町の編み組細工と伝統工芸品を取り巻く現状を踏まえた マーケティングの基礎内容で、今後の編み組細工の方向性を 検討するのに大変勉強になり…

マタタビそば笊作り

材料のヒゴ作りに続き、マタタビ第1弾としてそば笊を作りました。 マタタビの特性として、水分を含むと膨張するため、 そばを盛ったときに水が漏れにくいそうです。 (あ、もちろん水切りはした後、お膳に乗せるときの盛り笊としての 利用です。) 中心の二…

マタタビ笊ヒゴ作り

先日採取してきたマタタビを使い、笊づくりが始まりました。 今回カリキュラムで挑戦するのは、そば笊、四ツ目笊、米とぎ笊です。 教えていただくのは、伝統工芸士 目黒政榮さん、五十嵐光栄さん。 おふたりは同じ集落で、同じマタタビ細工の伝統工芸士とい…

冬支度

浅岐は霜が降りる日も多くなり、いよいよ冬の気配を感じます。 最近一気に寒さが深まり、雪が降るまでのカウントダウン。 6時くらいに外に出ると、地面が真っ白。く~空気が冷たくて張りつめてるよ~。 まだ土の中に里芋さんが残ったままだ!寒そう! 朝から…

新そば祭り

東西 東西(とざい とーーーざいーーーーーーー) 会津の伝統で、婚礼などのめでたい席で「そば口上」 (上記はその出だし掛け声)と言う、そばの成長過程や育つ土地、 そばの食べ方、薬味をたくさん盛り込んだ味付けの説明等、 そばを楽しむためのあれこれ…

民間療法

さて、先日採取したマタタビの細工が始まりました。 作業詳細については別途報告しますが、畑仕事やら編み組細工により、 今まで使わなかった手の筋肉が連日フル稼働していて、6月くらいから ずっと右手の腱鞘炎が止まらない(笑) そして、最近更に悪化へ辿…

マタタビ採取

猫ちゃんが大好きなマタタビ。 編み組細工の次なる分野のマタタビ細工に入るため、材料採取に向かいました。 すごくいい天気で、色づいた葉が大合奏をしているような賑やかな山の景色に、 山に入るだけでもうワクワクが止まりません♪ わたくしマタタビで笊や…

漆麗し

会津若松にて開催されていた、会津ブランドものづくりフェアに 行ってきました。 その中のひとつ伝統工芸フェアには、日頃アカデミーの先生として お世話になっている三島町編み組細工の伝統工芸士さんたちの紹介 ブースもあり、自分ではないのに、なんだか…

正確×性格

山ぶどうとくるみのバッグがついに完成しました!! 途中色々な作業が入ったり、先生をしていただいた工人さんの都合があったり、 ちょっと時間がかかりましたが、ついに初作品の完成です。 まずは山ぶどう。 一番基本的な網代編みです。 素材選びから幅揃え…