自然と暮らしとものづくり

福島県奥会津三島町2017年度第1期生活工芸アカデミーの日々を綴ります

桐の里ウォーク

三島町内を8㎞歩くイベントに参加してきました!

大雨?です(笑)どうやら三島町は、イベントの時に雨率が高いよう。

でも!

こんな雨の中歩くことも、自分からはなかなかないので、とても良い機会です。

合羽と長靴と雨傘で完全防備。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170515183824j:plain

また山深い集落では斜面に雪が残っていたりしますが、

雪国の春は雪解けと共に一斉に来るようです。

花々の開花も、山菜の出現も、動物たちの目覚めも、全部一緒。

ムクムクグングン自然が動き出す勢いが、

三島町でも一番美しく過ごしやすい季節です。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170515183843j:plain


芽吹き始めた新緑が、雨のおかげで一層深まるエネルギーに溢れていました。

山全体が呼吸をしているように霧が立ち上がり、深呼吸をすると、

緑と雨の青臭い薫りが全身に回って、身体の中から浄化されるような感覚です。

 

参加者は町内外から200名くらい?いたのかな。

引っ越してから1週間、三島町の地理を覚えるためにもちょうどよい機会です。

どこをとっても、切り取っておきたくなるような、美しい光景です。

さすが日本で最も美しい村連盟登録町。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170515183657j:plain

かつては茅葺き屋根だった、赤青茶黒のかわいい三角屋根。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170515183717j:plain

集落ごとにぽつりぽつりとある、古くて小さな神様。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170515183742j:plain

雨に打たれてしっとり語りかける只見線の線路。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170515183801j:plain

雄大な里山を抱えて只見川を渡るアーチ橋の兄弟。


ふらりふらりと、写真を撮っていると、あっという間に最終歩行者ですww

道端に生えているお花や山菜を解説してくれる方、

休憩所の甘酒が美味しくて一緒にお代わりしてくれる方、

通過したご自宅の中で切り絵作品を見せてくれる方、

歩きながら三島の昔物語をしてくれる方。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170515183858j:plain

たくさんの生きる智慧と叡智に溢れたみなさま。

今まで知りえなかった、出逢うことのなかった、面白い感動の予感に、

最高にワクワクします!