自然と暮らしとものづくり

福島県奥会津三島町2017年度第1期生活工芸アカデミーの日々を綴ります

畑仕事はじまり

もう初週は大忙しです。

町内のみなさまは、ほとんど食べる分のお野菜を自給されている農家さん。

この時期は田んぼに畑に大忙しです。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170515184535j:plain

特に苗の植え付けは、時期を逃すと実りが悪くなるので、

春雨の間で計画的に畑づくりを開始しなければなりません。

 

私たち生活工芸アカデミー生用に、家の前と後に畑があります。

里山での暮らしすべてが、歴史あるものづくりに繋がっているので、

畑仕事も重要な生活の一部で、講座の一部でもあります。

 

家の隣には、農作業の先生がいます。

と言っても、浅岐集落の人みんなが大先生です。

畑仕事についてはみんな匠なので、わからないことは何から何まで教えてくれます。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170515184514j:plain

私たちが第1期なので、まずはずっと空き家になっていて使っていなかった

畑にはびこる強力な雑草退治からです。

農作業は講座外の自主活動なので、休日返上でみんなで家の前の除草に励みました。


ぽつりぽつりとおしゃべりをしながら、無心になって地面と雑草と格闘。

縮こまってたお尻と腰の痛みに気付いて、ぐーーーんと伸びて見上げたときに

飛び込んでくる青空が、びっくりするくらいぽっかり真っ青なのです。

 

今週は本当に、次から次に出逢う初めての人や景色や経験に、

考える余裕もなく流され、何も考えられるずに疲れ切って眠りに就いていました。

今までの生活からは全く異なる環境や習慣がとても刺激的で、

興奮と感動に翻弄されているようでした。

 

でも、だからこそ、「考える」のではなく、「感じる」ことを、

無心でしていたような気がします。

これ。まさに私がこの生活工芸アカデミーの暮らしの中で

目指していたものなのです!

 

気持ちいい

嬉しい

楽しい

大好き

 

こころが、いのちが、からだが、肌から体の奥底に繋がって、

内側から訴えてくる感覚。

空を見上げて、すーーーっと降りてくる自分の中のじわじわとした感覚が、

まさに自分の声なのです!

左脳偏重の自分が一番苦手だった、でもどこかで頼りにしていた信じていた

この感覚。これを、大切にしたいのです。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170515184558j:plain


さぁ、自然は待ってくれませんので、除草と並行して苗の買い出しに行きました。

会津坂下の佐野農園。

雨なのに、すっごい人です。みんなこの時期に作業が集中するのですね。

ここ、種類も豊富で安いです。

わたし園芸やさん大好きなので、テンション上がります。

 

今回購入したのはこちら
・トマト   ・ナス     ・キュウリ ・カボチャ ・ズッキーニ
・モロヘイヤ ・ツルムラサキ ・サンチュ ・ベビーリー
・パセリ   ・パクチー   ・バジル  ・シソ   ・枝豆

あとは、ジャガイモとインゲンを植え付けます。

 

まずは植え付けられるよう、来週はみんなで雑草退治と耕して肥料の混ぜ込み、

がんばります!

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170515184613j:plain


おまけに、部屋に食虫植物のハエトリソウを購入しました。

7月下旬から発生するメジロさん、食べてくれるといいなぁ。。