自然と暮らしとものづくり

福島県奥会津三島町2017年度第1期生活工芸アカデミーの日々を綴ります

ヒロロ細工、初作品☆

 

ヒロロ細工の初作品が完成しました!!

うれしい!!

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170607212832j:plain


少し間が空いて中がチラ見えするスカリデザインで、

夏に浴衣で持ちたくなる~^^ 涼しげな感じ♪

小さめの手提げバッグでも、カジュアルにショルダーバッグでもカワイイね!

 

写真や遠目ではある程度美しく見えますが、

近くでじっくり細部を観察すると、はじめての戸惑いが満載です(笑)

色々反省点があるので、次なる作品で改良を続けていこうと思います。

 

いや~ここまで作るのに約1か月。

大変な労力です。

このヒロロ細工の価値は一体どう付くのだ??

地道な、本当に地味でひたむきな、やってもやっても終わらないのではないか
というくらい、一目ひとめ進める作業は正直気が遠くなります。

気持ち、右手指関節が腱鞘炎なのです(笑)

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170607212954j:plain


技を見て倣って、素材を感じて、指先の感覚と、進める呼吸のリズムの中で、

頭を過る過去のこと、その瞬間のこと、これからのこと…

たくさんの自分を感じた1作目であり、そんな移り行く心の変化が

素直に表れてしまったなと、ちょっとくすぐったかったり、恥ずかしいです。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170607213043j:plain


会社勤めをしていたとき、1日の主な時間は仕事に縛られていました。

すっごく手間と時間がかかる、大好きなものづくりのために、

時間がすごく欲しかったのです。

ひたすら手元に集中したものづくりだけに向き合える時間は、

私にとってすごく贅沢なことで、何より優先して得たい「欲しいもの」でした。

そして、その「時間」は、生きていくための「お金」がないと、

得られないもののように感じていました。

 

目の前の生活や、将来のことを心配しなくていいような安定した収入が

あったら、自由に時間を使えるように思っていました。

OLをしていた自分にとっては、会社で働くこと、仕事をすることは、

時間をお金に換えている、という感覚だったのだなぁ。。

もちろんそれだけではない、経験や感動や出逢いもありましたが、

大好きなものづくりをするために、そのための生活基盤を得るために

働いていた、というのはあったのだと思います。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170607213211j:plain

 

その時間、お金、仕事のあり方への違和感から、

「働く」ということが、自分にとって何なのかを確認、自覚するための

きっかけを求めてアカデミーに参加した、というのがひとつの目的にもありました。

 

今まで一番自由が効かなかったような気がする「時間」を贅沢に、存分に使って、

大好きなものづくり(編み組細工も畑も田んぼも生活も全部含めて)だけに

集中できるこの暮らしは、ものすごく幸せであり、不思議な時間だと感じています。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170607213433j:plain


アカデミー開始から1か月、ヒロロ細工をひとつ完成させてみて、

三島町での生活を通して、改めてものづくりと、暮らし方と、働き方と

どういう距離感で向き合って、これからに繋げていきたいのか、

少し戸惑う部分もあります。


自分が楽しくて、満足するような「時間」を過ごして行動した結果が、

お金や、誰かからの評価に繋がる。

自分にとっての時間とお金の心地よいバランスを保てることで、

その行動が働くこと、仕事となり、幸せに繋がる。

理想ですね。

 

同時に、生活していかなければならないという現実があり、

守るべき大切な人やものがあり、社会の仕組みの中で求められることがあり、

自分の才能が必要とされていたり、活かせる場があるかもしれない。


大好きなものづくりや、大好きな土地や環境や人と幸せな時間を過ごすために、

そのためにはどれくらいのものが、お金が必要で、

どうしたら我慢や辛抱なく、何より楽しく得られるのか。

 

もやもやとした現状ではありますが、

この1年間で自分なりの答えを見つけたい大きな課題です。

焦らずに、目の前の自然と、暮らしと、ものづくりに、

ゆっくりじっくり向き合っていこうと思います。

 

歪みも緩みも凸凹も、全部含めて許して認めて納得できる、

作品=自分になりたいです。

がんばります!!