自然と暮らしとものづくり

福島県奥会津三島町2017年度第1期生活工芸アカデミーの日々を綴ります

燧ケ岳登山

試験勉強をしていたようで、しっかり初夏のレジャーも満喫しています(笑)

東北いち高い山!2356m燧ケ岳に登ってきました♪

三島町登山会?のみなさまとご一緒。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170725223726j:plain

 

2015年夏の早池峰山、2016年夏の森吉山、秋田駒ケ岳に続き、

東北の山シリーズです。

会津盆地を囲む山脈は、なんだかとても伸びやかで雄大な印象。

アタックしたい山が沢山ありすぎて時間が足りない(笑)

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170725223800j:plain

 

今回は檜枝岐の御池岳登山口から山頂をピークハントしました。

完全お任せで、タイムは記録がない。たしか登頂まで4時間弱くらい?

雨予報が出ておりましたが、時々パラつく感じで、

程よく曇った歩きやすい天候でした。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170725223839j:plain


はじめは結構急な岩場が続きます。

でも、このお山、しんどいっこれ以上続くとちょっと厳しい

と感じる頃に、ぽかっと開けた平坦の湿原地帯に出るのです。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170725223925j:plain

ワタスゲが満開。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170725223956j:plain

うっすら靄がかかった静寂の中、なんと幻想的なのでしょう。

 

チーム内に以前尾瀬ビジターセンターに勤めていた名案内人がいて、

あれは何?これは何?と質問する度に、

何でも解説していただけるという、とっても嬉しい楽しい道中。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170725224031j:plain


途中残雪もあり、ズルズル滑りながらも雪の感触と冷たい風が気持ちいい。

 

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170725224124j:plain

 

高山植物が花盛りで、ベストシーズン!

9人の老若男女の大所帯移動は、あっちにこっちに、寄り道と休憩たっぷり。

先を急がず、土を岩を雪を木道を踏みしめる感覚を味わい、

足元や頭上にひっそり小さく咲く植物を観察しながら、

のんびり緩やかに登っていきます。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170725224206j:plain

歩くペースって、一番自然のペースなのかもと、

こちらでの生活を始めてから感じています。

車も、電車も、バスも、早ーーーく走ると、

短時間でたくさんの距離を移動できる。

その分風景も早ーーーく過ぎ去ってしまうから、

見落としているものもたくさんあるはず。

そして、走り続けることって、すっごい疲れます。

勢い良く走っていると、止まれなかったり、行き過ぎたりすることも。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170725224253j:plain

 

進むこと、昇ること、上がること、大きくなること、

上を目指して踏ん張って歩みを進める厳しさとしんどさと、

山頂に着いたときの達成感。

戻ること、降りること、下ること、小さくなること、

下に向かって慎重に歩みを進める怖さと心地よさと、

下界に着いたときの安心感と開放感。

どっちだって目指しているところがあって、

どっちだって得られるものがあるのです。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170725224340j:plain

 

現在の生活も、自然に翻弄されながら、やることだらけでとっても忙しい毎日。

ただ、どう言えばいいのだろう。

一歩一歩を自覚できているというか、ちょっとスピードを押さえて「歩く」

という手段を選んでみたら、いままで見えなかったたくさんの情景と

出逢えるようになった気がします。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170725224435j:plain

 

一生懸命がんばってがんばって走っていたつもりで、

止まることも怖くてできなかった毎日から、

勇気を出して寄り道をしてみたら、

すごく鮮やかな景色と出逢えたりもするんだね。

 

決めるルール

与えるロール

使うツール

選ぶルート

 

心地よいスピードで、心地よい環境で、心地よい生き方を選べる

自分でいられますように。

「歩く」ことで、生きている自分と触れ合った登山でした~!

(なんだこれ。大げさ~(笑))

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170725224505j:plain