自然と暮らしとものづくり

福島県奥会津三島町2017年度第1期生活工芸アカデミーの日々を綴ります

蜜蝋作り

 

マタギ、わな猟、はちみつ、養蜂…とキーワードが並んできたので、

先日ご近所さんからいただいた蜂の巣から

蜜蝋を採取してみようと試みました。

作り方を調べると、あまり難しくない様子。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170801092525j:plain

 

はちみつを絞った後の巣と水を入れて火にかけます。

時間経過により、なんだかぐらぐら浮き立ってきます。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170801092617j:plain

 

この上に浮いている黄色いものが、どうやら蜜蝋のようです。

すごいよね~これ集めた蜜を原料に、ミツバチさんたちの体液を固めて

作るものなのですよっ。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170801092830j:plain


適当にぐつぐつしてきたので、火を止めて不純物をガーゼで濾してみます。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170801092901j:plain

 

絞りカスは、ハチの成虫やら幼虫、巣の外枠?のようなものが混ざっていました。

これはいらないからポイ。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170801093019j:plain

濾した直後のドロドロした液体。

蜜蝋は水より軽いので、火を止めてそのまま冷やしておくと

水面に固まるみたいです。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170801093137j:plain

一晩置いて、出来上がったのがこちら。

表面に黄色っぽい膜が張っています。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170801093245j:plain

 

なんか厚さ3㎜くらい?

わずかしか採れませんでした(笑)

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170801093312j:plain

 

こちらは先日の猪俣昭夫さんワークショップで作った蜜蝋クリーム。

蜜蝋とグレープシードオイルを混ぜて溶かせて固めたものです。

 

 

ほんのちょっとの貴重な初蜜蝋。

天然もので新鮮だし、栄養素も抜群のはず。

さて、冬のものづくりに向けて、保湿クリームにしようかな♪