自然と暮らしとものづくり

福島県奥会津三島町2017年度第1期生活工芸アカデミーの日々を綴ります

山への感謝とご先祖様

f:id:seikatsukougeiacademy:20170801100115j:plain

 

バケツをひっくり返したような雨、雨が明けるとものすごい蒸し暑さ。

その繰り返しで、5月に苗を植えた畑が賑やかになってくる頃、

8月1日~20日はアカデミーが夏休みになります。

なんと、3週間もある!

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170801100205j:plain

 

と言うか、三島町での生活は毎日が、新しい出会いと発見と感動に満たされた

夏休みのような暮らしなので、その上でのこの夏休み。

一体どう過ごしたら…(笑)

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170801100229j:plain

 

お盆に入る前に、浅岐集落ではご先祖さまやご親戚をお迎えするために、

集落内の伸び放題の雑草を刈り取り、道を整理します。

どの家も親族一同が帰省してくるため、お盆の浅岐集落は

とても賑やかになるみたい。

 

山菜、川魚、編み組素材…春からたくさんいただいた山の恵み、

田んぼや畑を豊かにしていくれる水、風、空気…

私たちを守っていただいている山への感謝を込めて、

集落総動員での人足作業です。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170801100345j:plain

以前報告した堰普請に続く、第2段。

みんな持ってる電動草刈り機。

アカデミー生は地道に鎌で草刈り。

そしてまた腱鞘炎が悪化する・・・

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170801100532j:plain

 

一体にむわっとたち込める草の臭い。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170801100551j:plain


突然の住居妨害で、虫たちも大慌ての様子。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170801100809j:plain

山から流れる清水。

今年はなんと、浅岐名物のメジロ(アブの一種)がいないそうです。

例年この時期はメジロの大群とハチの群れと遭遇して大変な流血事件?!が

起きているようですが、今年は肌寒い日が続いた気候のせいか、

大雨で幼虫が流されたせいなのか、見かけないとの声が。。ほっ。

噛まれると出血して相当腫れると聞いたので、アカデミー一同かなり

怯えていましたが、どうやら出逢うことなく夏休みになりそうです。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170801100705j:plain

ただ、メジロの幼虫も流れたおかげで、

ホタルの幼虫も流されてしまったようです。

毎日(クマが怖いでの)部屋から隣の田んぼを双眼鏡で観察していましたが、

今年はホタルがいないようなのです。

水質が変わったわけではないので、やっぱり大雨激流に流されたか…

むむむ…残念。。

 

 

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170801100906j:plain


終わった後は暑気払いBBQ。

大汗かいたあとなので、みなさまお酒が進んでいます。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170801100943j:plain

 

とりあえず、1学期の終了。

退職から三島町への移住、編み組細工と山村生活と向き合う毎日は、

慌ただしくあっという間に過ぎていきました。

大きな変化と成長が得られたと感じるので、夏休み中に

ここまでの自分を少しづつ整理していくことにしたいと思います。

 

益々暑さが増してくる時期なので、みなさまお体に気をつけ、

素敵な夏をお過ごしください♪

 

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170801101542j:plain


お世話になった生活工芸館のみなさまとの暑気払い。@のんびり館

 

※ 報告できていない件がたくさんあるので、夏休み中もブログは

引き続き1学期記録について掲載していきたいと思います。

しばらく実家に帰省するので、お時間ある方ぜひお声がけください~^^