自然と暮らしとものづくり

福島県奥会津三島町2017年度第1期生活工芸アカデミーの日々を綴ります

祝金婚式

アカデミー宅のお隣さま。

お世話になりまくりのお夫婦が金婚式を迎えられるので、

みんなでお祝いをしました♪

 


おふたりとも農業のプロで、私たちの畑がなんとか維持されるのも

このお二人のお助けがあるからこそ。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20171017210644j:plain

 

そして、もちろんおふたりともとてもすばらしい工人さんでもあります。

お父さんの作るマタタビ笊は半年以上待ち。

三島でも一番米が漏れないと、支持者が多い工人さんです。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170905205914j:plain

 

50年前、お母さんはお隣の金山町から三島町の浅岐にお嫁に来ました。

当時の結婚式は3日間続くそうです。

初日はお嫁さん宅にて大宴会。

翌日にお婿さん宅に移動して翌日まで大宴会が続きます。

きつく結ばれた白無垢の帯と重い綿帽子で、まだ舗装が行き届かない

山道の移動により気分が悪くなり、結婚式の翌日には病院に行ったお話を

笑って聞かせてくれました。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170905205857j:plain

午前中から張り切っててまり寿司と、

おふたりの力を借りて育てたお芋で3種のポテトサラダを作ってみました。

みんなで囲むご飯ほどおいしくてうれしいものって、本当にない。

この場を素敵な時間にするための料理や準備って、

実は何より好きな、幸せでたまらない時間だったりするのです。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20171017210749j:plain

 

ついでに一緒になってお誕生日のお祝いをしていただきました。

すばらしい同期やご近所さま、刺激的な工人さんや町民のみなさまに

囲まれて新しい歳を迎えられること、本当にうれしいです。

ありがとうございます。

 


楽しいことは自分たちで創り出す。

出かけたり、購入したりの対象がないこの浅岐での私たちの生活は、

手作りの楽しいが満載です。

お世話になっているご近所さんを巻き込み、毎月のようにお祝い

パーティーをしています(笑)

 

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20171017210622j:plain

 

上記おふたりの仲人をされた、浅岐最長老の愛称パパ86歳と

アカデミー同期のお誕生日会。

終戦後、定年まで小学校の先生をしておりました。

お年を召して記憶が断片的になっているところもありますが、

ロリポロリと出てくる昔のお話は、どれもとても興味深いです。

 

 



 

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170905210342j:plain


とある日の夜は、生活工芸館でお世話になっている友人を

招いて「浅岐シネマ」開店。(夕飯付き)

この日のメニューはチャーハン。

上映映画は「ムーラン」でした。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20171017210848j:plain


贅沢すぎるくらいの大自然がすぐ近くにある。

その自然からの恵みはこれ以上ないくらい手に入る。

この環境をどう楽しむか、受け取り方と工夫次第でいくらでも、

いくらでも楽しいことは作り出せるのだ!

 

居酒屋もない、映画館もない、テーマパークもない、ショッピングモールもない。

ないならば、今居るこの環境で、どうやったら創り出せるか。

その過程こそが、ワクワクの止まらない、本当に楽しいことだと実感する、

そんな浅岐生活なのです。