自然と暮らしとものづくり

福島県奥会津三島町2017年度第1期生活工芸アカデミーの日々を綴ります

大人の社会科見学

 

三島町猟友会の射撃大会を見学させていただきました。

わな猟を取得し、どうやら私も猟友会の一員です。

(猟銃資格がないのは私だけ…)

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170921211800j:plain

磐梯国際クレー場。

9月17日(日)は、過ぎ去った台風の影響で強い風が吹いていました。

目標がブレるので、みなさん苦戦していた様子。。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170921211842j:plain

 

みなさまご自分の猟銃を持参してます。

銃って初めて見るな。あたりまえか。。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170921212052j:plain


ゲーム内容は、対抗順番ごとに獣のごとく飛んでくる皿を

狙って撃ち落としていきます。

今回の飛翔距離は10m。

長老は80歳が2名いらっしゃいましたが、お二人とも猟銃キャリアは50年以上。

ご持参の銃も車が買えちゃうくらいのものでした。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170921212137j:plain

クレー場の係りの方が、皿をどちらの方向に飛ばすかを調整しています。

ひと皿撃てるチャンスは2回。

スコアの付け方はボーリングと同じでした。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170921212329j:plain

 

三島町猟友会は全部で15人くらい。

有害駆除の時は、役場の依頼を受けてお手伝いに行きますが、

猟期になると各自個人的に獣を求めて山に入るそうです。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170921213741j:plain

 

雪深い三島町では、かつてはたくさんの猟師がおり、

冬場の現金収入、食料確保、環境管理、コミュニケーションとして

集団で狩りを行っていました。

深い雪に閉ざされる地域では、冬になると家に籠るようになるため、

みんなで一緒に山に入ること、協力して獲物を捕らえること、

収獲した獲物を囲んでお酒と食を共有することが、

地域にとって貴重なコミュニケーションの機会となっていたそうです。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170921214001j:plain

 

猟銃は管理や申請が色々大変なことと、

高齢になって引退する猟師さんも多いので、

銃も保管庫もお譲りいただけるとのこと。

猟銃やるなんて言ってないのに、あれよあれよとみなさまが

話を進めてくださいます(笑)どうしよう…

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170921214953j:plain

 

とりあえず、マタギの文化には大変興味があるので、

冬になったら是非先輩方に同行させていただきたいとは思っています!

(狩りや食料としてと言うより、暮らしの中でのマタギの存在や歴史、

その精神性等を知りたいのです。)

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170921213555j:plain

ご近所に住む先輩猟犬をご紹介。

英セターのリンちゃん。

 

f:id:seikatsukougeiacademy:20170921213620j:plain

ポインターのジョンくん。

 

雪が降ったら一緒に山に入れるよう、体力つけて準備がんばりまーす。